スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精一杯



私も過ぎた日々より残りの日々が短くなったことを自覚するようになりました。
人生を悔いるようでは、いのちを与えてくれた両親やご先祖さまに申し訳ありません。
できることを精一杯。
したいことを精一杯。
「おかげさま、おかげさま」の一生ですから、感謝の思いで、精一杯。
いかに生きるか、は問いであって同時に答えでもあります。

ぼくの感動



作品のヒントやインスピレーションについて聞かれることがあります。
実はなんとも応えようがないのです。言葉にすることがとても難しい世界です。だから、作品は「ぼくの感動」。
それが伝わったときが、完成かも知れません。



「芸術とは、自然が人間に映ったものです。大事なことは、鏡をみがくことです。」
ロダンはそんな言葉を残しています。芸術に限らず。日々の生活=人生。鏡を磨くとは、魂のことでしょうか。見えないものも見るために、曇った鏡を磨きます。

子育て



いのちを育むという、自然にして素晴らしい経験。

なぜ行き詰まっているのだろう?
私たちに忘れたものがあるのだろうか?
見失ったものがあるのだろうか?

未来を託すこどもたちのために
今一度
一緒に考えてみよう



シンプルに

愛と感謝をもって考えているだろうか
愛と感謝をもって、それを行っているだろうか
単純ですが、それが私の、基本原理です。

「幸せを売る男」



来月6月1日、サンマーク出版さんから、新しい本が出ます。タイトルは表題。
ドキドキしています。
ワクワクしています。
今年は、私の
ひとつのエポックになりそうな予感とともに。
長い間、陶彩画だけに懸命でした。ひたすら向かう。それはとても貴重な時間であり、多くの人との出会いをもたらせてもくれました。
お陰で、少しずつ、幅が出てきたように思います。不思議ですが、ひとつの世界に入りきると、逆に周りが見え始める・・・ということがあると知りました。
さて、「幸せを売る男」。どんな物語か・・・想像できますか?
公式サイト
ギャラリー真名井公式サイト
いのちのまつり
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

草場一壽

Author:草場一壽
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。