スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

必ず読んでください!


子ども

「小さいときは、文化人類学のイニシエーションのように、ある扉を開ければ大人になると信じていた。しかし、そんな扉はなかった。僕たちの切れ目のない生活、一つの文化の中で生き死んでいく生活には、イニシエーションがない。子どもをもち続けて成長し、死ぬのだと分かったのです。子どもの時に知っていたことは、今も知り、感じていたことは今も感じている。子どもの中にすべてはあり、最後までそれから逃れられない。」
                 (大江健三郎『それでも希望を託す』)

我が内なる「子ども」。そこに希望を託す他ないのだと思う2012年春。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

公式サイト
ギャラリー真名井公式サイト
いのちのまつり
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

草場一壽

Author:草場一壽
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。