スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霜月


早いもので、11月ともなれば旧暦では冬の中の月。とはいえ、山も色づきはじめ、ようやく秋たけなわといったところ。10月が神無月でしたから、この月は神帰月(かみかえりづき)、神楽月(かむらくづき)とも呼ばれます。年々、季節感が失われていますが、落ち葉をみしみし踏みしめると、冬の来るのを実感します。秋と冬との交差点。
昔、酉の市といえば、雪が降る頃でした。コートではなく重いオーバーで着膨れて。
今年も暮れていくのですね。歳とともに時間の経過が早くなり、光陰矢のごとしとはいみじくも。自然の季節になぞらえて、人の季節にも思いを馳せます。
秋のメランコリックは、記憶を過去へとさかのぼらせます。
懐かしいものたちよ・・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

公式サイト
ギャラリー真名井公式サイト
いのちのまつり
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

草場一壽

Author:草場一壽
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。