スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぶどう園のたとえ


聖書に、次のような内容があります。

ある家の主人が、朝早く出かけ労働者たちと一日1デリナの約束をして彼らを雇いぶどう園に送った。それから9時頃になって出て行き他の人々が市場で何もせずに立っているのを見て言った。「あなたがたもぶどう園に行きなさい。相当のものを上げるから」。主人は12時にも、3時にも出かけ同じようにした。5時頃また出かけていくと、まだ立っている人を見かけたので彼らに言った。「なぜ、何もしないで一日中ここに立っているのか」。「誰も雇ってくれないから」と彼らが答えたので、「あなたがたもぶどう園に行きなさい」と言った。さて
夕方になると主人は監督を呼び「労務者たちを呼んで、最後に来た人々からはじめて順々に最初に来た人々にわたるように賃金を払ってやりなさい」。
そこで、5時ごろに雇われた者たちが来て、一デナリずつもらいます。最初の者たちがもらいに来て、もっと多くもらえるだろうと思っていたのに、彼らはやはり一デナリずつもらっただけだった。彼らは、受け取ると主人に不平をもらして言った。「この最後の者たちは1時間しか働かなかったのに、あなたは一日中、労苦と暑さを辛抱した私たちと同じ扱いにしました」。主人は「友よ、私はあなたに対して不正をしていない。あなたは私と1デナリの約束をしたのではないか。私は最後の者にもあなたと同様に払ってやりたいのだ」。(マタイ福音書/第20章)
もし、あなたが最初に来た労働者だったら・・・?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

公式サイト
ギャラリー真名井公式サイト
いのちのまつり
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

草場一壽

Author:草場一壽
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。