スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いのちの危機


児童虐待が一年間に5万件を越え、20年間で50倍以上に跳ね上がったという、なんとも痛ましいニュースに接しました。
「家庭」が機能を失っているようです。虐待を受けた子供が心に負った傷は、生涯を通して癒されることはないかもしれません。
さて、80年代になって「5つのこ食」という言葉が現れました。家族内でもそれぞれ好みのものを食べる「個食」、家族がバラバラに食べる「孤食」、いろんなものをすこしずつ食べる「小食」、外食=「戸食」、不規則な生活からくる一日「五食」。
ある学者は、この背景を「家庭のホテル化」と言っています。家庭の成員はもはや家族というより、同じところに寝に帰るだけになりつつあると。
80年代は、まさに消費万歳の「豊かな時代」でした。飽食と言われ、グルメと言われ、過剰なダイエットが流行し・・・食事は、いのちを養うという意味を忘れてしまったようです。もちろん私自身も・・・・
いのちが危機にさらされています。それも抵抗不可な幼いいのち。いのちは誰かが私物化できるものではありません。
子供は、いのち。私たち大人、社会全体で守るべき尊いいのち。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

公式サイト
ギャラリー真名井公式サイト
いのちのまつり
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

草場一壽

Author:草場一壽
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。