スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バベルの塔


全地がひとつの言語だった頃、バビロニアの人々は、天まで届く塔を建て、大いに名をあげようと、神への崇拝からではなく、高名のために塔の建設にとりかかりました。それが神の怒りに触れ、塔は途中で崩れてしまい、以来人々の言語は多種となり、互いの言葉が分からなくなったという伝説。
外国に行きます。あるいはホテルやレストランで外国から来た人たちを見かけます。さまざまな国の言葉が飛び交います。確かに言葉だけで意思の疎通をするのはむつかしいことです。
それでも笑い声は同じ。
笑顔も同じ。
神にも壊せなかったものがあるのだな・・・先日、とある風景で感じたことです。
スポンサーサイト
公式サイト
ギャラリー真名井公式サイト
いのちのまつり
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

草場一壽

Author:草場一壽
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。