スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精一杯



私も過ぎた日々より残りの日々が短くなったことを自覚するようになりました。
人生を悔いるようでは、いのちを与えてくれた両親やご先祖さまに申し訳ありません。
できることを精一杯。
したいことを精一杯。
「おかげさま、おかげさま」の一生ですから、感謝の思いで、精一杯。
いかに生きるか、は問いであって同時に答えでもあります。
スポンサーサイト

ぼくの感動



作品のヒントやインスピレーションについて聞かれることがあります。
実はなんとも応えようがないのです。言葉にすることがとても難しい世界です。だから、作品は「ぼくの感動」。
それが伝わったときが、完成かも知れません。

「幸せを売る男」



来月6月1日、サンマーク出版さんから、新しい本が出ます。タイトルは表題。
ドキドキしています。
ワクワクしています。
今年は、私の
ひとつのエポックになりそうな予感とともに。
長い間、陶彩画だけに懸命でした。ひたすら向かう。それはとても貴重な時間であり、多くの人との出会いをもたらせてもくれました。
お陰で、少しずつ、幅が出てきたように思います。不思議ですが、ひとつの世界に入りきると、逆に周りが見え始める・・・ということがあると知りました。
さて、「幸せを売る男」。どんな物語か・・・想像できますか?

「五月」



悲しめるもののために
みどりかがやく
くるしみ生きむとするもののために
ああ みどりは輝く
(室生犀星)

若葉の候



若葉はいのちの息吹。
気まぐれな空が、柔らかな風にとってかわり、なんとも清々しい。薫風とは、いかにも。
早いところではそろそろ、田植えのはじまりでしょうか。
大地は、緑に覆われて、夏の到来を待っています。
なんども季節を巡って生きて、けれどもいつもが「最初」の出会い。
一日一生。ものらみな、いとおしく、ありがたく。
公式サイト
ギャラリー真名井公式サイト
いのちのまつり
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

草場一壽

Author:草場一壽
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。